脾臓の機能が低下すると・・・

MENU

脾臓の機能が低下するとどうなるか

あまり目立った存在ではありませんが、最近は脾臓のはたらきというのが非常に重要であるという考えが広がりつつあります。
脾臓なんて名前聞いたこともない…という人もいるかもしれませんが、
脾臓のはたらきというのは私たちにとっては非常に大切なものであり、この機能が低下するとさまざまな障害をもたらします。

 

さて、脾臓の機能が低下するとどのようなことが起こるのでしょうか。

 

-スポンサード リンク-

伝染病にかかりやすくなる

脾臓は免疫とも深い関わりがあり、さまざまなものから身体を守り続けています。
バクテリアやビールス、薬品や放射能といった身体に害があるものから守り続けてくれているのです。
また伝染病である白血病や腸チフス、マラリアといった怖い病気にもかかりやすくなってしまいます。

リンパの流れが悪くなる

脾臓はリンパとも重要な関係があります。実は身体のリンパの循環の中心は脾臓なのです。
脾臓の機能が低下してしまうとリンパの流れも悪くなるため、代謝が悪くなってしまいます。
すると関節が油切れの状態になってリウマチやぎっくり腰、ヘルニアなどにもなりやすくなってしまいます。

 

皮膚異常(あかぎれやしもやけ、あせも、イボ、あかぎれ、手荒れなど)や肥満にもなりやすくなりますし、
さらに怖いことに子宮筋腫などの原因になることもあります。

 

そして、水分代謝もリンパによって調整されているので、脾臓の機能が低下すると脳や腸などに水が溜まったりします。
脳に水が溜まればテンカンの原因になりますし、軟便などにもなりやすくなってしまいます。

肩こりや偏頭痛を起こす

猫背になっているとそれだけで脾臓の機能が低下してしまいます。
脾臓が不活性の状態になっていると赤血球の代謝が悪くなってしまい、酸素を供給しづらくなってしまうのです。
酸素が供給しづらくなってしまうために肩や首にコリが出てしまったり、脳が酸素不足の状態になって偏頭痛を起こしてしまったりしてしまうのです。

 

 

 

このように脾臓の機能低下が起こると日常的な障害が出てきてしまいます。
特に感染症にかかりやすくなるというのは命に関わる重大な障害です。

 

また代謝が悪くなればダイエットなども成功しづらくなってそれがストレスになって…というループを繰り返す可能性だってあります。
ぜひとも脾臓のはたらきを低下させないような生活を送って行きたいものですね。

-スポンサード リンク-