脾臓の機能を高める

MENU

脾臓の機能を高めるには

脾臓はその機能を高めることによって免疫力を強化することもできます。
ではどのようにすれば脾臓の機能を高めることができるのでしょうか。脾臓の機能強化の方法をご紹介しましょう。

ストレスや疲れを溜めない

とにかくストレスや疲れを溜め込まないような生活をしましょう。
仕事がら、どうしてもストレスが溜まってしまうという人は適度にストレス解消するように心がけましょう。

 

日頃から家で手軽にできるストレス解消法はアロマです。リラックスできる香りを楽しむだけで随分と心が軽くなります。
またお風呂の時間にアロマを使うのも効果的です。リラックスと疲れを取る、という両方が一度にできるので便利です。
ストレスは脾臓のはたらきの大敵なので、ぜひとも撃退しておきましょう。

 

-スポンサード リンク-

 

3つの首を温める

冷えは特に脾臓の機能を低下させる原因になりやすいものです。
特に気をつけたいのが3つの首の冷えです。
3つの首とは、首筋、手首、足首のことです。この3つを温めてあげると脾臓の機能が高まります。

首筋

外に出かけるときはストールやマフラーを巻いたり、ハイネックの服を着るといいでしょう。
家にいるときや寒い場所で仕事をするときはネックウォーマーを使うと効果的です。

手首

手首まで隠れる服を着ましょう。もしも七分袖などの服を着る場合には、
着脱できるように薄手のものでもいいので手首までくるものを羽織っておくといいでしょう。
リストバンドなどを使うのもいいですし、手首までくる手袋などをするのもいいでしょう。

足首

特に冷えやすい場所である足首。
寒い日にはパンツスタイルがおすすめです。足首まで隠れる丈のパンツを選びましょう。
スカートをはく場合は足首まで隠れる靴下をはいたり、丈の長いブーツをはくなどの工夫をしましょう。
またレッグウォーマーを使っておしゃれしつつ冷えを防ぐというのもいい方法です。

 

脾臓にいい食べ物を食べる

脾臓に良いと言われている、かぼちゃや青菜、イチジク、ビワ、ニンジン、
植物性蛋白質(大豆など)を食べるようにすると脾臓の機能を高めることができます。

 

ただし、青菜は食べ過ぎると胃が痛くなってしまうので気をつけましょう。
先ほど言った食べ物にプラスして野菜と水をたっぷり摂取するのがコツです。
逆に糖をたくさん含んだジュースやジャンクフードなどは脾臓を痛めてしまうので食べ過ぎないように注意しましょう。

 

このようにいろいろな方法で脾臓の機能を高めることができます。
他にも脾臓に良いツボなどもありますから、自分なりの脾臓に良い習慣を身に着けていくのがいいでしょう。

-スポンサード リンク-