脾臓の痛みの原因

MENU

脾臓の痛みの原因として考えられること

脾臓は胃の奥に位置しているために、なかなか脾臓に痛みがあるのかどうかを自覚できる人はいません。
ですが、脾臓に痛みがあるとき、多くの場合背中に痛みが出ているようです。
では、どのようなときに脾臓の痛みは出てしまうのでしょうか。

食後の運動

食後、すぐに運動をしたときに脇腹や背中が痛くなったことはありませんか?
これこそまさに脾臓の痛みなのです。

 

脾臓の役割は血液を貯蔵することですが、食後というのは胃や腸が血液を必要としていて血液量が少なくなっています。
ここにさらに運動をすることによって筋肉にも血液が必要になってしまい、
脾臓の中に貯蔵されていた血液がなくなって、一気に収縮してしまうのです。
この収縮が起きた時に痛みを感じているのです。

 

-スポンサード リンク-

脾血腫

脾血腫は脾臓の中で出血が起こって内部で血が溜まってしまうという病気です。
この状態になると背中に痛みを感じるようになります。

 

内出血が起こっている状態である、ということはつまり脾臓が傷ついている状態ということです。
脾血腫はレントゲンですぐわかりますから、脾臓の辺り(左肋骨の下辺り)に強い衝撃を受けたなどの覚えがある場合には病院で見てもらいましょう。

脾腫

脾臓の大きさが通常の2倍以上になってしまう病気です。
脾臓が膨らむことで胃なども圧迫されますし、背中に強い痛みを感じるようになります。

 

脾腫は主に、肝炎や白血病、溶血性貧血などの他の病気が引き金になっていることが多くあるため、
そちらが原因で痛みが生まれているといったほうが正しいのでしょう。
まずはこちらの原因を取り除かないと、いつまでも脾臓の痛みを取り除くことができません。

脾腫瘍

脾臓に腫瘍ができる病気です。これも脾臓の痛みの原因です。
脾臓に腫瘍ができること自体、比較的稀ではありますが、腫瘍ができてしまうとやはり痛みを感じるようになります。

 

腫瘍が痛みの原因である場合注意しなくてはいけないのが良性なのか悪性なのかということです。
脾臓の腫瘍は50%の確率で悪性になります。これを判断するためには大掛かりな検査が必要になることが多いため、
もしもなんだかずっと背中が痛い…ということがあった場合には検査をしてもらうことをおすすめします。

 

 

 

主に脾臓の痛みを感じる原因はこの4つです。
どれも脾臓が痛い、と感じるよりもその周囲(主に背中)に痛みを感じることが多くあります。
別に痛めたわけでもないのに背中が痛い…という状態が続くなら、迷わず病院で診察してもらうようにしましょう。

-スポンサード リンク-