脾臓が肥大する原因と症状

MENU

脾臓が腫れて肥大する原因と症状とは

脾臓は時に大きく腫れ上がり、身体に痛みをもたらすことがあります。
これを脾腫と呼んでいます。
この脾腫になってしまう原因やその症状について見てみましょう。

脾腫の原因は?

脾腫は、脾臓自体に問題があって起きるものではありません。
実は、他の病気が原因になって引き起こされるものなのです。
原因となる病気は様々です。

 

  • マラリヤ、梅毒、結核、ブルセラ症といった細菌やウイルス感染によって引き起こされる感染症。
  • 心臓や循環器系の病気によって起こる脾臓の血行不良
  • 肝硬変や溶血性貧血
  • 重篤な病気(悪性リンパ腫、骨髄線維症、白血病など)

 

これらの病気によって脾腫は引き起こされてしまいます。引き起こした病気によって、
あるいは原因が複数ある場合などはさらに脾臓が大きく腫れ上がってしまうこともります。

 

-スポンサード リンク-

 

脾腫の症状

脾臓が腫れ上がってしまうことはもちろんのこと、自覚症状として痛みがあります。
痛む場所は脾臓のある左上腹部(左の肋骨の下辺り)や背中に痛みが発生します。
お腹が膨れたような感覚(膨満感)を感じることもあります。

 

また、脾臓の腫れ具合によっては、痛みのほか、
呼吸困難や吐き気などが起こる場合もありますし、肩などに痛みが拡散することもあります。
この状態を放置しておくと、腫れがより大きくなり脾臓の血行不良が続くことになり、激しい痛みに襲われるようになります。
そして最終的に脾臓の壊死が起こるのです。これを脾梗塞(ひこうそく)と呼びます。

 

さらに脾腫によって赤血球の減少が起こり、出血しやすい状態になります。
白血球も減少してしまうため、感染症にかかりやすくなり、免疫能力が低下します。

 

脾臓の異常については、触診のほかレントゲンなどで脾臓の状態を確認することによってすぐに分かる場合もあります。
CTやエコーなどを使って詳細な検査をすればより正確に状態を知ることができるでしょう。

 

脾臓は免疫や血液、代謝などを管理している重要な臓器です。耳慣れない臓器かもしれませんが、
ここに異常が起こると体全体に障害が発生します。ぜひ早期に発見して脾臓の腫れを防ぎましょう。

-スポンサード リンク-