脾臓の病気

MENU

脾臓の病気について

血液と深いかかわりのある脾臓。この脾臓にも、他の臓器と同じく病気があります。
脾臓にはどのような病気があるのでしょうか。

脾臓の病気

一般的に有名な脾臓の病気を挙げてみましょう。

脾腫(ひしゅ)

脾臓の大きさが通常の2倍以上になって腫れてしまう病気です。
血液の病気であったり、炎症であったり、あるいは腫瘍や感染症など、その理由はいろいろです。
原因はなんであれ、脾臓がそのような状態になってしまったものは脾腫と呼ばれます。

 

人間の例ではありませんが、脾腫は他の動物でも比較的起こりやすいもので、
犬の場合は胃捻転によって胃にくっついている脾臓も一緒にねじれてしまうことがありますし。
猫ならダニによって感染するバベシア症などで貧血が起こると同時に、脾腫が起こることもあります。

脾血腫

脾臓の内部で出血が起こって、脾臓内に血液が溜まってしまった状態を脾血腫といいます。
交通事故や打撲によって脾臓が損傷したり、脾臓がねじれる脾捻転などが主な原因です。

免疫介在性溶血性貧血

この病気は脾臓そのものの病気ではありませんが、脾臓と大きく関係しています。
何らかの原因により、自分の身体に流れる赤血球に対して抗体が作られてしまい、
身体にある赤血球が破壊されてしまうという病気です。

 

血液はもちろん、肝臓、骨髄、そして脾臓などに含まれているあらゆる赤血球が対象になります。
この病気に対し、血液を貯蔵している脾臓は病気を悪化させることがあるために摘出される場合もあります。
血液、免疫に関わる病気であるため脾臓とも深く関係しているというわけです。

 

-スポンサード リンク-
脾腫瘍

脾臓にできる腫瘍は、悪性腫瘍の場合もあります。
血管肉腫や肥満細胞腫、リンパ腫、悪性組織球腫、形質細胞腫などの種類があります。

 

ただ、脾臓の腫瘍については良性の腫瘍と区別がつきづらいため、
悪性の可能性を排除できない場合、悪性だったときに備えて、
脾臓の摘出という処置をとってしまうこともあるようです。

 

脾臓の病気、その前兆

脾臓は普段、胃の奥に隠れてしまっている臓器であるため、自覚症状があまりなく、腫れてしまっても気づかないことがよくあります。
ですが、脾臓の病気の前兆は必ずあるので全身に現れるあらゆる症状を注意して観察していくことが早期発見に繋がるといえます。

 

脾臓に異常が出た場合、発熱、食欲低下、貧血、リンパの腫れ、腹水、むくみ、出血傾向、元気消失といった症状がみられるようになります。

 

 

 

脾臓の病気のほとんどは血液や免疫に関するものです。
一見、なかなか気づかないものもありますが、必ずその前兆はあります。
できれば脾臓を摘出するようなことにならないように、日頃から気をつけていきたいですね。

-スポンサード リンク-