脾臓の機能・働き

MENU

脾臓の役割・働きについて

人間の臓器の1つである脾臓(ひぞう)
その働きはおろか、存在すらよく分かっていないという人は多いのではないでしょうか?
ここでは脾臓の役割についてご紹介していきたいと思います。

 

-スポンサード リンク-

脾臓の場所はどこ??

脾臓の場所を示すイラスト

肝臓や心臓、腎臓の場所はなんとなく知ってるけど、脾臓なんてどこにあるの?
そんな風に、脾臓の場所を把握していない人は多いと思います。

 

脾臓がある場所は、腹部の左上の部分と言われています。そこの肋骨のすぐ下にある臓器です。
大きさは握りこぶしと同じくらいで、他の臓器に比べると小さい部類に入ります。
このため、他の臓器よりも存在感が薄く、なかなか馴染みのない臓器となっているわけです。

 

しかし、最近ではこの脾臓が重要な臓器の1つであることがわかってきています。

赤血球が終わりを迎える場所

血液に含まれている赤血球。
この赤血球は血管を流れながら、体の隅々まで酸素を供給する役割を担っています。
本来、赤血球は柔軟なものなので、どんなに狭い血管でもスルスルと流れることができます。

 

しかし、働き続けて古くなってくると、その柔軟性が失われてしまいます。
その結果、狭い血管をすんなりと通ることが出来なくなってしまうのです。

 

脾臓は網目状の構造をしているため、このように柔軟性が失われた赤血球が網目を通りきれずに脾臓内に残ります。
こうしてせき止められた古い赤血球を破壊して、新しい血液を作る材料となる鉄分を取り出し、
血液を作っている脊髄に送るのが脾臓の役割の1つなのです。

血液成分の貯蔵

脾臓の役割として、白血球や血小板を中心とした血液成分の貯蔵というのもあります。

 

特に多く貯蔵されているのが血小板。出血したとき、その部分の血液が凝固することで止血されますが、血液凝固に重要となる成分が血小板。脾臓には蓄えられている血小板の量はなんと、体全体にある血小板の3分の1といわれており、いかに多くの血小板が貯蔵されているのかが分かりますね。

 

こうして蓄えられている血液成分は、出血した時など、必要に応じて脾臓から放出される仕組みとなっています。

免疫機能も持っている

脾臓には、全身に存在しているリンパ球のうち4分の1ほどが集結しているといわれています。
リンパ球とは、リンパ組織を構成している成分のことです。

 

このリンパ球の働きによって、私達の体は外から侵入してくる細菌、雑菌、ウィルスなどの異物から守られています。
つまり、脾臓は私達の体の健康を維持するための免疫機能を担っているわけです。

 

 

このように、脾臓には様々な働きがあります。
なかなか注目されにくい臓器ですが、その役割は私達が健康に生きていくためになくてはならないものです。
今まであまり脾臓に注目していなかった人も、少し注目して考えてみてはいかがでしょうか。

-スポンサード リンク-

グループサイト